「そう、ヴァージニア、サンタクロースはいるんだよ」

今から100年以上前の1897年、アメリカの8歳の女の子の質問に対しニューヨーク・サン新聞社説欄にその回答が掲載されました。少し長くなりますが日本語訳を一部引用します。

「こんにちは、しんぶんのおじさん。ともだちがサンタクロースはいないというのです。
・・・ ほんとうのことをおしえてください。
サンタクロースはいるのですか?   ヴァージニア・オハンロン」
「 ヴァージニア、それは友だちの方がまちがっているよ。
・・・そう、ヴァージニア、サンタクロースはいるんだよ。
愛とか思いやりとか、いたわりとかがちゃんとあるように、サンタクロースもちゃんといるし、そういうものがあふれているおかげで、ひとのまいにちは、いやされたりうるおったりする。・・・サンタクロースはいない? いいや、今このときも、これからもずっといる。ヴァージニア、何千年、いやあと十万年たっても、サンタクロースはいつまでも、子どもたちの心を、わくわくさせてくれるよ」

子どもの疑問「サンタさんは本当にいるの?」に対し、サン紙は明快に応えます。
「愛や思いやりがあるようにサンタクロースはいる」と。
目に見えるものだけが大切で、見えないものは存在しない。それは違います。
「いちばん大切なものは目に見えないんだよ」(星の王子様 サン・テグジュペリ)

「大切なもの」とは何か。そのことを子どもたちに示していくのは私たち大人の役目です。
ですからクリスマスには子どもたちにこの「大切なもの」を贈りたいものです。
それでは花川マリア幼稚園の子どもたち、そして保護者の皆様。
よいクリスマスとよいお正月を!

園長 小山内 哲也

園長だよりNo.31

〜クリスマス・ミサのおさそい〜
クリスマスを教会で過ごしませんか

続きはクリック!

えんちょうたより31

園長だよりNo.30

ちょっと早いですが・・・
第3回『お母さん広場』のおさそい

続きはクリック!

えんちょうたより30

園長だよりNo.28

今日は総練習!聖劇発表会まであと1週間!

続きはクリック!

えんちょうたより28