2019年9月

~たくさんの愛に包まれて、成長する子どもたち~

今年の夏も厳しい暑さが続きましたね。
夏休みの間、預かり保育には15名くらいの子どもたちが登園し、室内でゆったりと過ごしたり、園庭での水遊びや、園外保育(ほし組の子どもたちも一緒に出かけました)等を楽しみ、午後はぐっすりとお昼寝をして元気に過ごすしていました。
0歳てんし組、1歳ひつじ組、2歳ほし組の子どもたちも体調管理に十分配慮しながら、夏ならではの遊びを楽しむことができました。
始業式では、久しぶりに会った友達との会話が弾み、とても嬉しそうな人がたくさんで、子どもたちが何だか逞しくなったように感じます。お休みの間、久しぶりに親戚の方と会って、「大きくなったね」「お話が上手になったね」など、お子様の成長を喜ばれたご家庭もあったことでしょう。また、保護者の方のお休みに合わせてご家族でゆったりと過ごしたり、楽しい体験をされたことと思います。
さて、乳幼児期に、自分の存在をしっかりと受け止めてもらい、温かいことばをかけてもらうこと、ご家族をはじめ周りのたくさんの人との関わりを通して、自分は愛されている、大切にされているということを感じ、自己肯定感を育んでいくことは、何よりも大切なことです。
毎日の生活を通して、子どもたちは日々成長していきます。0歳~5歳の子どもたちは、成長の歩みも一人ひとり様々ですが、自分の思いを表すこと(0歳、1歳は笑ったり、泣いたり、怒ったり、表情や仕草がたくさんです)、自分の思いを受け止めてもらうことや、先生や周りの友達と共感する喜びをたくさん味わいながら過ごしていけるようにと思っております。
これからのたくさんの体験が、子どもたちのより良い育ちにつながっていくように、努めて参ります。

園長 平野 志穂